imusika

シュナイト / 神奈川フィルの名演

ハンス=マルティン・シュナイト

ハンス=マルティン・シュナイト プロフィール

 

1930年ドイツのキッツィンゲン・アム・マイン生まれ。10歳の時ライプツィヒ・聖トーマス教会合唱団に入団。ミュンヘン音楽大学で指揮・作曲・オルガン・音楽学を学ぶ。1954年ミュンヘン市よりリヒャルト・シュトラウス賞を受賞。1955年、25才でベルリン教会音楽学校長に就任。ベルリン・バッハ・コレギウム、カイザー・ヴィルヘルム記念協会バッハ合唱団を設立、指導に当たる。1960年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。1963年ベルリン芸術院賞を受賞。同年ヴッバタール市立劇場音楽総監督に就任。1971年ハンブルク音楽大学教授に就任。1984年急逝したカール・リヒターの後任としてミュンヘン・バッハ合唱団・管弦楽団の芸術監督に就任するとともに、バイエルン国立歌劇場常任指揮者に就任、ベルリン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラなどでも活躍。1990年ベルリン国立歌劇場日本公演に同行、東京文化会館でモーツァルト「魔笛」を指揮。1997年東京フィルハーモニー交響楽団の協力のもとに設立されたシュナイト・バッハ合唱団の芸術監督に就任。1995年、国立ドイツ・ユースオーケストラ(DMO)を設立し音楽監督に就任。1998年10月、ベルリン市より特別賞を受賞。2001年J.S.バッハ合唱団・管弦楽団の名誉指揮者、2005年にジャパンユースフィルハーモニック名誉指揮者、そして2007年4月から2009年3月まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団音楽監督。その温かい人柄とともに幅広い音楽の素養と正統的な解釈で信頼されている現代ドイツの巨匠の一人である。

シュナイトと神奈川フィルの公演は2009年5月16日をもって全て終了いたしました。イムジカでは収録済み公演のうち評価の高い演奏をCD化し、順次発売予定です。どうぞご期待下さい。

シュナイト指揮神奈川フィルハーモニー管弦楽団公演全記録

               *未収録 収録済 CDリリース済み

2001年                              ↑ページ先頭へ戻る

2002年                              ↑ページ先頭へ戻る

2003年                              ↑ページ先頭へ戻る

2004年                              ↑ページ先頭へ戻る

2005年                              ↑ページ先頭へ戻る

2006年                              ↑ページ先頭へ戻る

2007年                              ↑ページ先頭へ戻る

2008年                              ↑ページ先頭へ戻る

                                 ↑ページ先頭へ戻る
MusicScape Mark©2015 imusika. All rights reserved.